よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

電池寿命はどれくらい?
ご使用になっている音量、季節(温度・湿度)など使用状況によって異なります。
ポケット型(単3・単4乾電池)  : 1日8時間使用で約30日
耳あな型(空気電池PR41)  : 1日8時間使用で約14日
注:空気電池は、低温下では本来の性能を発揮できないことがあったり、
寿命が短くなったりすることがあります。
耳せんがうまく入れられないのですが…
耳の穴は大きさ、向きが人それぞれ違います。
まず、自分の耳の穴の大きさと向きを他の人に確認してもらいましょう。
補聴器をして電話はできるの?
家庭用の電話は機種によって違いますが、ほとんどは使用できます。
携帯電話は雑音が入り使用するのは難しいです。
(補聴器の種類によって携帯電話が使えるものもあります。)
眼鏡をかけて耳かけ型は使えるの?
ほとんどのものは使えますが、フレームの厚みによっては補聴器が耳に掛けにくくなることもあります。
ペースメーカーを使っているけど補聴器を使って平気?
  • 補聴器で使用する乾電池やボタン電池は電圧が低く、ペースメーカーに影響が出るほどの電磁波はでていませんので大丈夫です。
どちらの耳に使えばいいの?
一般的には聞こえにくい方の耳に使用しますが、個人の聴力レベルが違うのでご相談下さい。
ポケット型の142と143はどこが違うの?
  • 音を入力するマイクの数が違います。
  • 142は本体に装備されている「本体マイク」のみですが、143は142と同じ「本体マイク」の他に、
    コードの途中に「耳もとマイク」が付いています。
  • 入力切換スイッチで場面に応じて使うマイクを選ぶことができます。
両方に使った方がいいの?
片耳より両耳で聞いた方が音の方向感覚も出て、騒音下の聞き取りも良くなりますが、まず片方で使ってみて補聴器に慣れましょう。

補聴器をもっと気軽に使ってもらいたい! 補聴器は14日間お試しいただく事ができます!

補聴器は実際に使ってみないと、自分に合っているのかどうか分かりません。
当社の補聴器は、すべてご試聴いただくことができます。