会社案内

ホーム > 会社案内

会社概要

会社名 ミミー電子株式会社
代表取締役 大串 正彦
設立 1979年8月
資本金 25,000,000円
主要取引先

株式会社リブアンドラブ
株式会社ニコン・エシロール
株式会社 三和製作所
アイシンヘルスケア株式会社
フジ医療器株式会社
永島医科器械株式会社
株式会社日本補聴器センター
スターキージャパン株式会社

本社・補聴器
サポートセンター東京

〒190-0003 東京都立川市栄町6-16-1  
(補聴器サポートセンターも同住所となります。)
所在地
電話番号

042-538-3316(本社)
042-538-5733(補聴器サポートセンター東京)

FAX番号  042-538-3317(本社/補聴器サポートセンター東京共通)
メールアドレス support@mimy.co.jp
補聴器サポートセンター大阪 〒550-0004 大阪府大阪市西区靱本町2-5-14 ダイシンビル4階
所在地
電話番号 06-7506-9105
FAX番号  06-6443-7033

沿革

1979年8月 東京都千代田区神田に「ミミー電子有限会社」資本金300万円を設立。耳鼻咽喉科領域を主体とした医療用機器の開発・製造を手がける。
1988年 東京都開発助成金でデジタル気圧計、デジタル高度計を開発し、欧米特許を取得。
1991年5月 東京都立川市一番町へ移転。
1997年7月 セルフフィッティングが出来る新しい方式のポケット型補聴器を耳鼻科医、大和田健次郎先生と開発、販売開始。
1998年4月 資本金を1000万円に増資。組織変更し「ミミー電子株式会社」とする。
1999年2月 資本金を2500万円に増資。
1999年5月 補聴器のアフターサービスの拠点となる「補聴器サポートセンター」を開設。
1999年11月 セルフフィッティングができる耳かけ型補聴器を開発、販売開始。
2000年7月 科学技術振興事業団による独創的研究成果育成課題「他覚的聴力評価・補聴フィッティングシステム」で順天堂大学と委託研究を行い、新技術のモデル化を行った。
2001年3月 ハウリングを防止する耳せんの開発(特許出願中3件)により、耳あな型で高度難聴(72dBまで)に対応できる補聴器をスターキー社の協力のもと開発、販売開始。
2002年1月 東京都立川市栄町に本社移転。
2002年2月 補聴器サポートセンターを本社へ移転。
2003年10月 セルフフィッティングができる耳あな型デジタル補聴器を開発・販売開始。
2005年8月 東京都豊島区巣鴨に姉妹店オープン。
2007年7月 高音域、低音域の増加・減衰を一つのツマミで無段階に調整できる回路(日・米特許出願)を内蔵し、耳もとと、本体内部にマイクを備えて切替が可能な箱形補聴器を開発、販売開始。
2010年11月 補聴器専門店や眼鏡店向けの、簡単に聴力検査が行える聴力検査器を開発、販売開始。
2012年9月 スイッチひとつで音質、音量を変える、ポケット型補聴器を開発、発売開始。
2015年11月 ハウリングキャンセラ、騒音コントロールを備え、フレキシブルジョイント採用で左右どちらの耳でもフィット可能な耳あな型デジタル補聴器をスターキー社の協力のもと開発、発売開始。
2016年12月 大阪市西区に関西地方のお客様サービス拠点として、「補聴器サポートセンター大阪」を開設。

補聴器をもっと気軽に使ってもらいたい! 補聴器は14日間お試しいただく事ができます!

補聴器は実際に使ってみないと、自分に合っているのかどうか分かりません。
当社の補聴器は、すべてご試聴いただくことができます。